FC2ブログ

出会い系サイト体験談*恋愛*エッチ体験談&官能小説公開所!

絶対に会える超優良サイト
サクラがいないサイト お探しの方必見!! 会員数700万人突破!! 2002年創設の老舗サイト だから【出会える】 サイト内の書込みは全て 天然の【本物】です♪
日本最大級の 「本物の出会いサイト」 を是非お楽しみ下さい(18禁)


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
        女性誌多数掲載!完全素人!ワクワクメール
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
素人の女の子ばかりを集めサクラが一切いないサイトとしては既に有名ですね。
※egg・Happie・アゲハ等、女性ファション誌多数掲載で新規の女性登録者が 多いのが特徴!
素人に会いたいならワクワクメール!


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
     ★☆超大型出会いのコミュニティーサイト!☆★
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
日本最大級の会員を誇り、皆様に出会いを提供し続けて15年の歴史を持ち、
信頼され続けているハッピーメールはココ!会員登録<18禁>


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
     安心の出会いサイト≪18禁≫
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
YYCならサクラやヤラセは一切なし。 サポート体制も充実してるので安心してご利用できます。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
     出会いを提供して32年の優良サイト!≪18禁≫
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
ミントC!プロデュースのコミュニティサイト『Jメール』は会員数600万人突破の超巨大サイトです!
写メはもちろん、動画も見れるから楽しさ2倍!出会いの確率も2倍!!
会員登録無料!初回登録最大100Pのサービス特典付♪
女性は完全無料だヨ!是非、遊んでネ!


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
    レズ☆マニアのフェチ・オナニー.com
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
フェチ、レズその他、様々なフェチカテゴリーにてオリジナル動画および高画質画像を配信しているフェチサイトです。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
    18歳~20歳の女の子に大人気のリフレバイト!
都内に5店舗・横浜・千葉・大宮にお店を構えております。
リフレ業界最大手だから安心して働けます!!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
制服オーディションに体験入店で4万円もらえるキャンペーン実施中!


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
    貞操帯で射精管理し挑発寸止めを楽しむギャル達
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
絶対服従を誓い玩具にされるマゾ男


現役AV男優スパーキー佐藤が教える超早漏対策【早漏革命】

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

絶対にイカないAV男優 沢井 亮が教えるみこすり半の早漏男がたった10日で13分持続できるようになった即効性のある早漏改善法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近親相姦じゃなかった妹と 官能小説

近親相姦じゃなかった妹と 官能小説



生まれたばかりの妹を連れて離婚した母親が、俺が大学生になってから、また親父と再婚しやがった。

すっかり大人になっているミクは、これっぽっちも、妹って気がしない。

ミクは短大生のくせに、ど田舎育ちのせいか、人を疑うことを知らない。

ミクドル並にかわいい顔で、男を誘うようないやらしい体つきしてるのに、ミクみたいに隙だらけでいたら、悪い男にレイプされたり、痴漢にあったり、風俗に売り飛ばされたりしそうだ。

お風呂上りで髪もろくに乾かさないまま、俺によっかかって寝ているミクの寝顔は子供みたいで、俺はフクザツな気持ちになった。

ショートパンツからすらりと伸びている長い足とむっちりとした太もも、タンクトップからのぞくたわわな巨乳と浮き出た鎖骨。

そして、シャンプーのいい香り。

いくら妹だと自分にいいきかせても、健全な若い男のちんぽは勃起してしまう。

なんでコイツは俺のことをお兄ちゃんなんて、やたらと慕ってくるんだろうか。

ていうか、新婚旅行だとかいって、俺達を二週間も二人きりで放置する両親も信じられねえ。

近親相姦とか、ちったあ心配しろってーの。

妹だっていう実感が湧かない分、近親相姦だっていう自覚も薄くて、俺の理性はいつぷちんと切れてもおかしくない。

今だって、近親相姦だ・・・近親相姦だ・・・と脳内で唱えていないと、完全無防備状態のミクを襲いそうになる。

空きっ腹でおあずけ状態の犬みたいなもんだ。

ちんぽからはよだれのように先走りがだらだらたれて、取り替えたばかりのトランクスを汚している。

俺は耐え切れなくなって、トランクスの中に手を入れた。

ミクの様子を窺いながら、せっせとちんぽをしごく。

なんで俺がこんな拷問みたいな目にあわなくちゃならないんだ・・・。

トランクスの中に生ぬるい精液を射精した後、自己嫌悪でため息が出た。

ようやく起きて、自分の部屋に戻ったミクにバレないように、シャワーを浴び直して、トランクスを手で洗う。

夢精した中学生かよ・・・。

近親相姦じゃなかったら、とっくに襲ってるのに。

「お兄ちゃん?」

パジャマ姿のミクが後ろに立っていた。

サイズが合ってないのか、ミクが巨乳すぎるのか、パジャマのボタンがはじけ飛びそうにパツパツになっている。

「お洗濯なら、私がやるのに。早く一緒に寝よ?」

ミクは俺が「うん」というまで、一緒に寝たいといい続けるので、俺は二日目からすぐに「うん」というようになった。

両親がいるときには、絶対に一緒に寝ないといいきかせてはいるが。

俺の狭いシングルベットにぎゅうづめになって寝ると、体が密着して、寝るどころじゃない。

昨日はほとんど眠れずに、近親相姦は犯罪かどうか考え続けていた。

ミクは18才以上だけど、ムリヤリ襲うなら強姦で、確実に犯罪だし。

じゃあ、合意があれば、近親相姦でも犯罪じゃないのか?

いや、倫理上の問題が・・・と悩み続けているうちに、空が明るくなっていた。

「ねえ、お兄ちゃん。」

壁側を向いた俺の背中によりそうようにくっつきながら、ミクがささやく。

「なんだよ。」

「ミクね、お兄ちゃんの妹じゃないんだよ。」

「はあっ?」

「あのね、お母さんが浮気して、ミクが生まれたんだって。」

「・・・だとしても、兄弟には違いないだろ。」

「お父さんがよその女の人に生ませたのがお兄ちゃんなんだって。だから、ミクとお兄ちゃんは、兄弟じゃないの。」

そうか・・・近親相姦にならないのか。

自分達の出生の秘密を知った衝撃より、近親相姦にならないということの方が俺にとっては重要だった。

「ミク、一目惚れしちゃったの。お兄ちゃんが好き・・・。」

力いっぱい抱きついてくるミクの体を抱きしめて、俺は思いっきりキスした。

今までがまんしていた分、歯止めがきかない。

逃げるミクの舌を追いかけて、口の中をしつこく舐めているうちに、俺はミクの体の上にのっかっていた。

はあはあと息を切らしているミクの胸は上下に動いていて、俺を誘っているように見える。

引きちぎりたいのをこらえて、どうにかパジャマのボタンをはずした。

すべすべのおっぱいに顔をうずめて、おっぱいのやわらかさを愉しんで、乳首をくりくりと指で愛撫する。

「お兄ちゃん・・・気持ちいい・・・。」

さっき一回抜いたばかりなのに、早くミクのおまんこに挿入したくて、俺はミクのパンティを脱がし、おまんこをたんねんにクンニして、俺のよだれと愛液でぐちゃぐちゃにした。

指で拡げて緩めた方が痛くないんだろうけど、もうそんな余裕はない。

「入れるぞ。」

めったに使わないコンドームを机の引き出しの奥から取り出して、ちんぽにつける。

「お兄ちゃん、早くきてぇ・・・。」

ミクは俺の方に両手を伸ばして、甘くささやく。

俺が覆いかぶさっていくと、俺の首に手を回して、俺の顔を引き寄せた。

「んっ・・・。」

挿入の痛みに眉を寄せたミクの表情は苦しそうなのに、色っぽくてちょっと興奮してしまった。

挿入し終わっても痛そうなミクのために、ゆっくりと慎重にちんぽを動かしながら、俺はミクの処女をもらったことに満足していた。

近親相姦じゃないと知った俺は、両親が帰ってくるまで、ミクとヤりまくった。

遠い将来、ミクと結婚できるかどうかはよくわからないが、今はかわいいミクとヤれるだけで十分、しあわせだ。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

お兄ちゃんが大好き 近親相姦  官能小説

お兄ちゃんが大好き 近親相姦  官能小説


短大に合格した私は、東京で一人暮らしをしている大学生のお兄ちゃんのうちに転がり込んだ。

お兄ちゃんと二人きりで暮らせるなんて、夢みたい。

私はお兄ちゃんが大好きっ!

近親相姦っていわれても、別に平気。

避妊さえちゃんとすれば、近親相姦だって、誰にも迷惑かけないはず。

小さな頃から、お兄ちゃんの理想の女の子になれるように、料理もがんばったし、かわいくなれるように研究を重ねてきたの。

お兄ちゃんはセミロングの茶髪が好きで、ちょっとおとなしめのはずかしがりやな女の子がタイプみたい。

お兄ちゃんの理想の女の子を演じるうちに、私はかなりのカマトトぶりっこになってしまった。

本当はお兄ちゃんと裸で抱き合ったり、いちゃいちゃしたり、セックスしたりしたいのに、清純なフリをして、ちょっとエッチなものをみても、恥ずかしそうに顔をそむけるの。

自分の部屋で一人きりになると、お兄ちゃんとのセックスを想像しては、こっそりオナニーしてた。

お兄ちゃんが東京に行っちゃったときも、不安でさみしくて、はなれたくなくて、行かないでってわめきたかったけど、がまんしたし。

でも、今日からはずっと一緒にいられる。

私の手料理を嬉しそうに食べているお兄ちゃんをみていると、しあわせで胸が苦しくなる。

お風呂からあがって、パジャマに着替えて、私は無邪気をよそおって、お兄ちゃんに抱きついた。

「お兄ちゃん、いっしょに寝よっ!」

自慢の巨乳をさりげなく押し付けつつ、上目づかいでおねだり。

「ん・・・いいけど・・・、狭いぞ?」

お兄ちゃんは渋々オッケーしてくれた。

近親相姦ってことがブレーキになってるだけで、お兄ちゃんだって、私のこと、好きだと思うんだよね。

だって、割とイケメンでモテるのに、今まで彼女いないし。

狭いベットでお兄ちゃんにぴったりとよりそいながら、私はお兄ちゃんの胸に顔を埋めた。

「お兄ちゃん、大好き・・・。」

すごく密着してるから、お兄ちゃんの勃起したちんぽが私にあたっている。

「お兄ちゃん、これ、なあに?」

不思議そうな表情を作って、私はパジャマの上から、お兄ちゃんの勃起したちんぽを手でさすさすする。

短大生にもなって、勃起がわからないはずないのに、動揺したお兄ちゃんは、

「レイコがかわいいから、大きくなったんだ。」

ってごまかそうとした。

「ホント?お兄ちゃんもレイコのこと、好き?」

お兄ちゃんの顔をじっとみながら、ちんぽをさする手は止めない。

「好きだよ・・・。もうさわっちゃ、ダメだ。」

お兄ちゃんは苦しそうに息をはいて、私の手をちんぽからどけた。

このまま襲ってしまいたいけど、お兄ちゃんの理想とかけはなれてしまうから、ぐっとがまんする。

お兄ちゃんに抱きついたまま、疲れていた私は眠ってしまった。

欲求不満だったせいか、お兄ちゃんとセックスする夢をみた。

夢の中のお兄ちゃんは、強引で、積極的で、私の想像よりエッチなことをたくさんしてくれる。

乳首をしゃぶられている感触があまりにもリアルで、私ははっと目が覚めた。

パジャマのボタンが全部はずされてて、私のおっぱいはむき出しになっていた。

お兄ちゃんが乳首をしゃぶっていて、私が起きたことに気づくと、ますます激しく乳首を舐めまわした。

「お兄ちゃん・・・どうして?」

まさか寝ているところを襲われるとは思ってなかった私は、本当にお兄ちゃんなのか信じられなくて、小さな声でつぶやいた。

お兄ちゃんが乳首から口をはなして、私にキスしてきた。

ねっちょりとした舌がぐにぐにと私の口の中で蠢いている。

ファーストキスなのに、すごくエロい。

「ごめん。近親相姦だからずっと我慢してたけど・・・、もうムリだ。」

お兄ちゃんは泣きそうな顔をしていて、私もつられて泣いてしまいそうになった。

手をのばして、お兄ちゃんをぎゅっと抱き寄せる。

「私もお兄ちゃんのこと、大好きだから、近親相姦でもいいの。お兄ちゃんじゃないとイヤなの。」

恋人同士みたいに抱き合ってキスしながら、私はおっぱいをもまれて、乳首をこねられた。

好きな人とセックスできる喜びで、おまんこはもうぬるぬるになっていて、お兄ちゃんの指を入れられてもほとんど痛みを感じなかった。

お兄ちゃんの愛撫であえがされて、何回もイってから、やっとお兄ちゃんのちんぽがおまんこに挿入された。

いきなりだったから、コンドームがない。

ナマでするのはちょっと不安だけど、はじめての一回くらいは直接つながりたい。

張り裂けるような痛みと一緒に、お兄ちゃんのちんぽが奥に埋め込まれていく。

やっと一つになれたのが嬉しくて、私は涙を流した。

とっても気持ちよくて、無意識にお兄ちゃんのちんぽをしめつけてしまう。

きゅっとしまると、お兄ちゃんのちんぽの感触がよりはっきりとわかって、ますます感じる。

「ああ・・・レイコのおまんこ、とろけそうだよ・・・。」

「お兄ちゃん・・・レイコ、嬉しい・・・。」

最初で最後のナマでのセックスは、本当に気持ちよかった。

処女なのに、こんなに気持ちよくていいのかなって思っちゃうくらい感じまくった。

次の日からはちゃんとコンドームを使ったけど、初めてのセックスで何度も中出しされちゃったから、生理がくるまでずっとどきどきだった。

近親相姦を続ける限り、赤ちゃん産めないから、お兄ちゃんにパイプカットしてもらおうかなあ。



キーワード一覧

出会い系
体験談
官能小説
出会い系体験談
エッチ体験談
エッチな告白集
女子校生(475)
フェチオナお勧め特選作品(131)
mad dog監督作品(73)
女教師(56)
蛇舌(28)
唾吐き掛け(25)
白虎監督作品(236)
唾液(193)
自己紹介(37)
エステ(60)
オイル(18)
電気マッサージャー(1)
真性バイセクシャル(1)
ドキュメント(1)
真性レズビアン(1)
主観(380)
伊達彩華監督作品(1)
放課後鼻舐め口臭嗅ぎクラブ(1)
OL(72)
鼻舐め(58)
口臭(31)
顔面舐め(50)
乳首イキ(23)
ちっぱい(6)
フェティッシュ龍神監督作品(260)
ディルド(186)
匂いフェチ(59)
手コキ(55)
アイドル(1)
淫語(96)
脚コキ(11)
及川貴和子女王様(10)
足裏(7)
網タイツ(4)
マネキン舐め(1)
激臭(5)
ガラス舐め(48)
長舌(81)
リクエスト(29)
教室(30)
痰唾(1)
唾液交換(56)
爆乳(14)
レズバトル(3)
痰切り(6)
オフィス(18)
鏡舐め(1)
セルフ乳首舐め(7)
レズエステ(6)
連続イキ(4)
電動マッサージャー(1)
のどちんこ(41)
セルフ腋舐め(7)
美腋(3)
貝合せ(18)
パイズリ(2)
みお様(3)
セクハラ(2)
ポージング(1)
濃厚ミルク発射(108)
自撮り(60)
シュリンカー(6)
丸呑み(3)
女人形(1)
えずき汁(1)
汗(10)
汚パンツ(13)
マンカス(12)
こより(24)
たこちゅう(4)
電マ(56)
巨乳(128)
チェリーとみやま監督作品(3)
ブーツコキ(2)
高円寺☆ゴロー監督作品(52)
汚パンティー(8)
パンスト(69)
メイド(6)
5本指パンスト(3)
足コキ(1)
チャイナ服(2)
下着(2)
ベロフェラ(4)
口臭嗅がせ(3)
小人(4)
女口臭唾液フェチサークル(11)
ぶっかけ(1)
セーラー服(1)
マン汁(107)
熟女(27)
OSARU監督作品(11)
野菜オナニー(2)
貧乳(35)
潮吹き(16)
ブルマ(11)
体操着(5)
オリモノ(4)
サイズフェチ(3)
鼻フック(24)
開口器(9)
変顔(7)
顔面崩壊(3)
パンスト被り(3)
ナース(11)
足舐め(28)
ブーツ(19)
ナンパ(8)
フェチオナ素人娘シリーズ(82)
たらこ唇(1)
鼻水(35)
くしゃみ(18)
女体臭(3)
美脚(7)
高身長(2)
ジョリ腋(2)
レズキス(2)
ブーツぶっかけ(1)
貝合わせ(5)
マイクロビキニ(1)
フェラ(9)
腋舐め(28)
ベロ(45)
長ベロ(1)
クンニ(18)
レースクイーン(2)
宅飲み(1)
バニーガール(2)
ディルドフェラ(30)
大量顔射(8)
セルフ足舐め(1)
軟体(20)
バレリーナ(1)
微乳(2)
髪舐め(2)
ぐろはる監督作品(19)
唾液垂らし(1)
飲尿(8)
レズデリヘル(2)
女性視点主観(1)
レズ3P(1)
ベロピアス(1)
唾吐き(53)
タラコ唇(4)
バストアップ(1)
妹(1)
童貞を殺すセーター(1)
神蛇舌(7)
唾液ぶっかけ(1)
前貼り(11)
寝起きドッキリ(1)
ドラマ(8)
相互オナニー(7)
オナニー(37)
感度(4)
剛毛(11)
カラーパンスト(1)
痴女(3)
アナルイキ(2)
敏感(1)
二日酔い(1)
本気イキ(16)
ガチ飲酒(1)
アナル破壊(1)
ファッキングマシーン(1)
クリスマス(2)
ケーキ(2)
チョコ(1)
サンタコスプレ(1)
生クリーム(1)
細ウエスト(1)
腹筋(1)
双頭ディルド(4)
拡張(1)
パンティー(2)
病院(1)
鼻クソ(1)
人妻(4)
指オナ(1)
ローション(30)
レズ風俗(1)
キス(2)
羞恥(6)
体重(1)
唾液ちょうちん(1)
指イラマ(1)
えづき汁(1)
鼻水ぶっかけ(1)
パイパン(2)
アナル舐め風俗(1)
調教(6)
ベロキス(4)
人形(1)
着替え(5)
姉妹(10)
女子トーク(1)
風呂上がり(1)
指マン(2)
美マンコ(1)
ヨガ(3)
腋フェチ(1)
アマゾン円童監督作品(2)
生徒指導(1)
ハイレグ(1)
舌(6)
舐め愛(1)
美乳(7)
くすぐり(12)
切り裂き(3)
ストレッチ(2)
クラッシュ(5)
踏み潰し(1)
パンストフェチ(1)
脚フェチ(2)
スパンキング(11)
バキューム接吻(1)
腋染み(1)
舐め愛レズビアン(1)
噴射(2)
牛乳浣腸(1)
鼻ちょうちん(1)
ダブルフェラ(1)
バーチャル3P(1)
ベロ苔(2)
エロ本(1)
ベロ磨き(24)
失禁(15)
野外(10)
浣腸(7)
足指舐め(3)
うがい(1)
ヨーグルト(1)
トマト(1)
卵(1)
食材踏み潰し(1)
美巨乳(1)
腋汗(2)
舌磨き(1)
腋観察(5)
ミルク発射(3)
咀嚼(12)
バラエティー(2)
食器(1)
内視鏡(3)
アナル指入れ(1)
黒乳首(4)
眼鏡フェチ(1)
赤ちゃんプレイ(1)
授乳(1)
無料サービス動画(1)
足イラマ(1)
匂い嗅ぎ(2)
催眠術(1)
レズペット(1)
腋匂い(1)
本気汁(10)
マンコ臭(1)
くぱぁ~(1)
体液フェチ(1)
玩具(2)
バーチャルセックス(8)
年の差(3)
匂い責め(1)
保健室(1)
ぎょう虫検査(1)
保険医(1)
エステティシャン(3)
舌上ミルク発射(1)
いじめ(5)
バイブ(6)
レズ奴隷(2)
性感帯(2)
濡れ感度(1)
体操服(17)
家庭教師(1)
マンぐり返し(1)
アナルシックスナイン(1)
エクササイズ(5)
乳首オナニー(4)
ミルク(1)
おなら(44)
ゲーム(1)
じゃんけん(1)
くぱぁ(1)
婦人科(1)
検診(1)
濡れ(1)
ギャル(17)
本気濡れ(1)
指舐め(11)
オマンコ観察(1)
百合(10)
口内(1)
指フェラ(5)
鼻毛抜き(1)
素人(6)
水着(2)
匂い(4)
ピンク乳首(1)
アナニー(11)
リコーダー(1)
揺らし(1)
唾(11)
レズカップル(1)
ビキニ(8)
イチャイチャ(1)
屁(1)
挑発(1)
見せつけ(1)
寝起き(1)
バーチャル(1)
ベロテク(1)
パンチラ(7)
まんこ舐め(208)
レズベロキス48手(1)
大晦日(1)
ベロフェラピストン(1)
ベロちゅ~48手(1)
べろちゅ~48手(7)
痰つば吐きかけ(2)
ベロ接吻(1)
お正月(1)
レズダンス(1)
乳首舐め(14)
乳首(60)
鼻くそ(1)
サンタ(6)
口内自撮り(9)
接吻(394)
パイ投げ(5)
マヨネーズ(29)
耳観察(1)
へそ舐め(2)
浅へそ(1)
ベロ長(23)
口臭嗅ぎ(1)
鼻擦り合せ(1)
顔舐め(2)
アクメ(10)
臭い(19)
全裸(26)
無料動画(1)
脚舐め(1)
まんこいじり(212)
レオタード(11)
鼻観察(12)
アナルオナニー(79)
騎乗位ピストン(2)
尻(3)
マン汁・マンカス(4)
アナル観察(1)
レズ盗撮(1)
自撮り口内(1)
ビーチ(1)
顔スト(1)
へそいじり(5)
へそ観察(2)
食い込み(37)
外人(6)
ピストン騎乗位(5)
アナル舐め(15)
アナル責め(11)
69(6)
豚鼻(1)
オナニー盗撮(2)
矯正(2)
歯観察(2)
アナル(53)
卵排泄(1)
ホラー(1)
(4)
へそ(1)
ペニバン(13)
酢(21)
フィスト(14)
ベロ観察(4)
ピストン騎上位(4)
くしゃみ鼻水(8)
乳舐め(200)
太もも(3)
首絞め(21)
胸チラ(7)
乳揉み(213)
浴尿(4)
アナルいじり(24)
母乳(18)
ふたなり(2)
歯舐め(7)
マン土手(2)
歯(14)
腋毛(9)
立ちション(7)
小便(14)
体操服・ブルマ(9)
ぽっちゃり(4)
乱交(2)
ドアノブ舐め(6)
ディルド舐め(7)
首舐め(1)
マンカス汁(3)
眼球舐め(2)
妊婦(6)
盗撮(53)
OL(4)
スク水(10)
ジョギング(1)
腋(7)
女子高生(2)
ハメ撮り(3)
ディルドオナニー(19)
へそチラ(1)
たてヘソ(1)
足拓(3)
丸穴へそ(1)
ゲップ(3)
食材(1)
首締め(1)
拘束(9)
マン毛(1)
清純(1)
潮 (1)
相撲(2)
唾掛け(1)
連れション(1)
3P(16)
ダンス(19)
舐め(24)
肛門(8)
3P(3)
クスコ(2)
子宮口(1)
涎(22)
美少女(2)
密着接吻(1)
鼻フェラ(5)
美鼻(1)
おっぱい(17)
胸ポロ(5)
キャットファイト(1)
飯田せいこ(2)
おしっこ(9)
放尿(7)
お仕置(1)
涎投下(2)
黒ギャル(14)
アナニー (1)
喧嘩(2)
乳首弄り(2)
妄想(1)
センズリ(1)
ガニ股(4)
フェチ(42)
観察(5)
マニアック(3)
銀歯(1)
前貼(30)
女医(6)
ピストン(2)
診察(2)
レズ(1)
脚(3)
足指(2)
騎乗位(6)
着衣(2)
裸足(1)
唾液投下(22)
歳の差(3)
ボディコン(6)
立ちオナニー(2)
覗き(1)
お漏らし(22)
胸ちら(1)
着物(4)
足ピーン(1)
無修正(1)
マングリ返し(1)
ストリップ(11)
涎交換(3)
開脚(1)
脱糞(22)
中野ありさ(1)
トイレ(6)
清楚(1)
ローター(5)
指(1)
身長差(1)
格差(1)
乳(3)
密室(1)
お下品(1)
痰(6)
串刺し(1)
美女(1)
二穴同時(17)
歯茎(3)
乳首擦り合わせ(1)
制服(1)
長身(1)
宮瀬リコ(1)
豊満(1)
アナルプラグ(2)

ローションでぬるぬるに 官能小説

ローションでぬるぬるに 官能小説


セックスのときに、いつも痛がる私を気づかって、サトルがローションを買ってきてくれた。

ちょっとピンク色がついたどろりとしたローションは、フルーツみたいないい香りがする。

感じてないわけじゃないのに、愛液があんまりでない私は、セックスを気持ちいいって思ったことがなかった。

だって、痛いんだもん。

サトルが私を裸にして、おっぱいにローションをたらした。

ローションでぬるぬるになった乳首を指できゅっとつまむ。

ローションが指を滑らせて、ちゅるんと乳首が逃げる。

乳首をいじられて感じたことなんてなかったのに、すごく気持ちいい。

ローションをひろげるようにおっぱいをもまれて、乳首をしゃぶられた。

「あうんっ!」

やだ・・・ヘンな声でちゃった。

思わず、口を押さえたけど、サトルの手でどけられてしまう。

「美香のあえぎ声、やっときけたんだから、もっときかせてよ。」

サトルがとっても嬉しそうで、逆らえなかった。

今まで、「声出して。」って男の人にいわれても、どうやって出すのかわかんなかったのに。

今日は声を抑えるほうが難しいみたい。

サトルの舌がぺろぺろと高速で乳首を舐めていて、私は首を左右に振りながら、「あんあん」っていってた。

「ローションだけでこんなに乱れてくれるなら、もっと早く買うんだった。」

サトルは顔を上気させながら、私の足の間に移動した。

パンティを脱がされて、足を広げられて、おまんこにローションをたっぷりたらされる。

「いつもより濡れてるけど、念のため、な。」

おまんこはローションでぐちゅぐちゅになった。

サトルの指がおまんこの中にすんなりと呑みこまれていく。

「痛くないか?」

「全然、痛くないよ・・・。」

いつもだったら、膣壁がひりひりする感じなのに、するんと入っちゃった。

そのまま指を出し入れされても、全然平気。

ていうか、気持ちがいい・・・。

「クリトリスはどう?」

ローションでぬるついているクリトリスは指でなでられるだけで、すごく気持ちいい。

「やだっ!なんかイっちゃいそう!」

私、オナニーでクリトリスをいじるとイけたけど、セックスでイったこと、なかった。

「イった?」ってきかれると、「うん。」ってこたえていたけどね。

「指がすっごいしめつけられるよ!」

おまんこがひくついてるのが自分でもわかる。

オナニーでイくときより、ずっと強い快感で下半身がじんわりとしびれた。

はあはあと荒い息を吐きながら、サトルの顔をみると、すごく興奮して私に抱きついてきた。

「指、おまんこに喰いちぎられそうだった。ね、もうちんぽ入れてもいいかな。」

「いいよ。」

私はイった後の快感に浸りながら、頷いた。

サトルはいつもと違うコンドームをつけていた。

やたらおしゃれなパッケージで、コンドームが透明だから、ちんぽの肌色がすけてみえる。

「このコンドーム、ナマみたいに気持ちいいんだって。」

わくわくした様子で、サトルが私の膣口に亀頭をあてる。

「いくよ。」

ゆっくりと挿入されたけど、全然、痛くなかった。

ゴムの突っ張る感じもないし、ホントにナマでしてるみたい。

「美香のおまんこのあったかさが伝わってくるよ。ヤバイくらい気持ちいい。」

サトルはうっとりとした表情で、腰を振り出した。

一度、イってしまったせいか、私もすごく気持ちがいい。

ちょっとくらい乱暴に突かれても、奥まで入れられても、とてもイイ・・・。

「ローション使って、コンドーム変えるだけで、こんなに気持ちいいなんて・・・。」

サトルがため息まじりにつぶやいているけど、私もホントそう思う。

今までなら、痛くて絶対できなかったバックで、犬のように激しくヤりながら、私は膣ではじめてイくことができた。

おまんこをちんぽで責められながら、クリトリスを指でいじられると、すごくイイ。

「ああ、全然、おさまんないよ。」

サトルは一度射精して、コンドームを新しいのに取り替えて、もう一回挿入した。

今度は座位で、まったりと出し入れしながら、抱き合って、ディープキス。

ずんっずんって突き上げられるのが子宮に響く感じ。

私をこんなに気持ちよくしてくれるサトルのことが、すっごく好きになった。

押し倒されて、正常位で足を大きく開かれる。

結合部を丸見えにされて、じゅぽじゅぽと激しく奥を突かれて、私はまたイきそうになってきた。

「自分でクリトリス、いじってごらん。」

ちんぽをおまんこに出し入れされながら、オナニーしてるみたい。

私がおまんこをしめつけると、サトルもイきそうになってきて、

「イくぞ・・・。」

ちんぽの動きがすごく早くなって、私もイきそう・・・。

「イくぅっ!」

サトルが私の体に覆いかぶさってきて、マラソンの後みたいに、はあはあいってる。

はじめて、「一緒にイく」っていうのができて、私は嬉しくなった。

二回もイかせてもらえたし。

私の体はなんだかスッキリとして、軽くなった。

サトルはすっかりローションにハマってしまって、いろんな種類のローションを買ってくるようになった。

あったかくなるローションとか、冷たくなるローションとか。

ローションの効果もすごいと思うけど、コンドームを変えたのも大きいと思うんだよね。

セックスって小道具的なものでこんなに変わるんだなあ。

私は今度、こっそりバイブを買ってみたいと思っている。

だって、もうクリトリスを指でいじるだけのオナニーじゃ、満足できないんだもん。



バイブを咥えこんでいるおまんこ 官能小説

バイブを咥えこんでいるおまんこ 官能小説


サトルくんが忘れていったかばんの中には、かわいらしいピンク色のバイブが入っていた。

大好きなサトルくんがどんなものを持っているか、興味が抑え切れなくてかばんを見てしまったけど、バイブが入ってるなんて・・・。

サトルくんはマジメだし、大人っぽくて、えっちな本とかAVを見てるのも想像できないくらいなのに、バイブだなんて。

このバイブを誰に使っているんだろうと思うと、胸が苦しくなる。

いいなあ、私もサトルくんにこのバイブを使って責められたい。

私のおまんこは興奮で濡れてきた。

ちゃんとキレイに洗っておけば、一回くらい使ってもバレないよね。

私はパンティを脱いで、ベットに横たわった。

目を閉じて、サトルくんがバイブを入れてくれるのを想像しながら、自分でバイブをおまんこに入れる。

おまんこは濡れていたけど、バイブがちょっと大きすぎて痛い。

でも、バイブをおまんこに入れたまま、クリトリスを指でいじると、すごくイイ。

だいぶ、バイブの大きさにおまんこが慣れてきたから、スイッチを入れてみた。

ヴィイイイィィン。

けっこう大きな音がお部屋に響いている。

すごい・・・バイブがぶるぶる震えながら、くねくねってうねって、下半身がしびれそう・・・。

もうイっちゃう!って思ったとき、携帯が鳴った。

バイブのスイッチを切って、電話に出ると、サトルくんだった。

「あ、ヒカルちゃん。ごめん。俺、かばん忘れたみたいだから、もう一回、行くね。いいかな?」

「うん。いいけど、今、どこ?」

あせって、きゅっとおまんこをしめちゃって、また気持ちよくなっちゃった。

サトルくんが来るまでに、おまんこに入れてるこのバイブを洗って、拭いてかばんに戻しておかないと!

「もう着くよ。」

サトルくんがいった途端、ピンポーンとチャイムが鳴った。

私はバイブの上から、パンティをはいて、玄関に向かう。

どうしよう・・・なんていって謝ろう・・・。

泣きそうになりながら、ドアを開けると、サトルくんが入ってくる。

「あの・・・その・・・とりあえず、私の部屋に来てくれる?」

おまんこの中にバイブを入れたままだから、階段を上るのがすごくつらい。

バイブの先がおまんこの奥をぐりっぐりってえぐるみたいで、しゃがみこみたくなるほど気持ちよかった。

「ヒカルちゃん、俺のかばんに入ってたバイブ、使ったでしょ。」

私の部屋に入ると、サトルくんが私をベットに押し倒して、至近距離でささやいた。

「・・・ごめんなさい・・・。ちょっと興味があって・・・。」

「顔真っ赤だし、息があがってるし、もしかして、まだバイブ入れっぱなしだったりする?」

サトルくんが私のスカートをめくりあげて、バイブで不自然に膨らんでいるパンティをぐりぐりした。

「エロいな~。パンティ、もうぐしょぐしょじゃない。」

パンティを脱がされて、バイブを咥えこんでいるおまんこをみられて、私は恥ずかしくて泣いてしまいそう。

「ヒカルちゃんのおまんこ、バイブをしっかりと咥えこんでて、はなしてくれないよ?」

サトルくんの手が私のおまんこからバイブを抜こうと引っぱっているのに、私のおまんこはしつこくバイブにしがみついちゃってるみたい。

抜かれるのも気持ちよかったけど、奥までずんって入れられると、つい声がでちゃう。

「あんっ!」

「一度イかせないと、バイブはなしてもらえないみたいだね。」

サトルくんはバイブのスイッチを入れて、クリトリスをぺろぺろと舐めてくれた。

サトルくんが私のクリトリスを舐めてくれるなんて、信じられない。

バイブはおまんこの中で、凶暴に暴れているし・・・。

アタマが白くなって、私は今までだしたことないようなえっちな声であえいでいた。

「ヒカルちゃんの愛液で、このバイブ汚れちゃったから、ヒカルちゃんにあげるよ。その代わり、ヒカルちゃんのおまんこも、俺に貸してね。」

サトルくんはバイブを抜くと、コンドームをつけたちんぽを私のおまんこに挿入した。

バイブで感じまくっていたおまんこは、ちんぽをすんなりと呑みこんでしまって、すっごく気持ちがいい。

「ヒカルちゃんのおまんこ、ひくひくしてて、熱いねー。コンドームごしでもヤバいくらいイイよ。」

サトルくんの声がちょっと苦しそうで、ひどく真剣な顔をしてる。

「俺がヒカルちゃんのために選んだバイブ、ぴったりだったみたいだね。」

ゆっくりとちんぽを動かしながら、サトルくんが笑う。

「・・・あのバイブ、・・・新品だったの?」

気持ちよさに流されそうになりながら、私はサトルくんに確認した。

「新品のバイブだよ。まさかこんなに上手くいくとは思わなかったけどね。」

サトルくんが私の脚を大きく開いて、折り曲げるようにした。

ちんぽがおまんこの奥の方に届いて、突かれるたびに、子宮に響くみたい。

バイブも気持ちよかったけど、やっぱり本物のサトルくんのちんぽの方がずっといい・・・。

私は派手な声をあげながら、サトルくんのちんぽがくれる快感に酔っていた。

セフレだったらヤだなって思ってたけど、サトルくんとは付き合えたし、体の相性もばっちりで今もラブラブなの♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。