FC2ブログ

出会い系体験談☆出会う攻略法伝授☆素敵な恋愛をしてバラ色の人生を歩むため

絶対に会える超優良サイト
サクラがいないサイト お探しの方必見!! 会員数700万人突破!! 2002年創設の老舗サイト だから【出会える】 サイト内の書込みは全て 天然の【本物】です♪
日本最大級の 「本物の出会いサイト」 を是非お楽しみ下さい(18禁)

男女完全無料サイト
【恋ナビ24h】は地域密着型の出会いポータル・ネットワークです。 多数の雑誌・メディアでも多数紹介されている実績のあるサイトです。 今日も、全国から多くの恋人たちが登録しています。 さあ、今日中に恋してみませんか!
登録や利用はもちろん全部無料。  今日も全国から多くの恋人達が登録していますよ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会い系サイト体験談




ある出会い系サイトで知り合った25歳の女の子。
就職が決まった記念という事で晩飯をご馳走する事になった。

写メは交換していたものの、実物を見るのは初めて。俺の作戦は...

1.相手がブサorブタだったら逃げる
2.相手が普通の子だったらやり逃げする
3. 相手が可愛かったら紳士的に振る舞い、次につなぐ
待ち合わせ場所に来た彼女(仮にM)は、キレイ系の大当たりだった。

作戦は3に決定。Mとは2ヶ月ぐらいメル友だったので、基本的な情報や趣味などは把握済み。軽い恋愛話はするものの、下ネタを振ると完全スルーの堅い子だった。

当日はイタリアンと中華、和食の店を予約してあったが、Mの希望により和食の店に行った。共通の趣味話で盛り上がり、店長お勧めの焼酎がハイピッチで進む。

俺の作戦では終電の1時間前に店を出て、駅までMを送っていくつもりだった。しかし、食事を始めてわずか1時間半でMは酩酊。

ニコニコ笑っているだけで、会話が成立しなくなった。これだけ上機嫌なら今日喰っても次につなげるな、と思い作戦変更。頼んだメニューを食べ終わったところで店を出る事にした。

店を出るとMはフラフラと千鳥足。肩に手を回しても抵抗しないどころか逆にもたれかかってくる。そのまま抱えるようにして近くのホテルに連れ込んだ。

部屋に入った途端、Mはベッドに倒れこむ。とりあえずほっといて先にシャワーを浴びることにした。バスルームを出たら、ドアのすぐ前にMが立っていたので少しビビる。

シャワー浴びたいと言いながら俺に抱きついてきた。とりあえず洗面所の椅子にMを座らせ、上着とセーターを脱がす。

濃い青にレースをあしらったブラに包まれた、形のいい胸が見えた。ブラの上から手で包むように軽く揉む。Mの体がピクっと反応した。

両脇から腕を入れMを立たせる。ちょっと苦労しながらスカートとストッキングを脱がせ、再び座らせる。割と聞きワケがいいので、多分意識が戻っていたんだと思う。ちなみに俺はバスタオルを腰に巻いただけのマヌケな姿だった(w

意識があることを確認するため、言葉攻め開始。「ホントはエッチだったんだね、初めての男とホテルに来るなんて」とかいろいろ。

その間、俺の手は肩や腕、わき腹をサワサワ。耳元で囁き続けた。徐々に呼吸が荒くなるM。明らかに意識はある。俺は確信した。

Mがモゾモゾし始めたので言葉攻めをやめて顔を覗き込むと、Mの方からキスしてきた。舌を絡めあうディープなキスをしばらく続けると、色白のMの肌がうっすらと上気してきた。

「キレイなオッパイ見せて」と囁くと、Mは自分でブラのホックをはずした。
「もう乳首が立ってるよ。ホントにいやらしいなぁ」

「さわって」消え入りそうな声でMがつぶやく。聞こえないフリをして軽く耳を噛んだ。「いやぁ...」逃れるようにいったん身を離すものの、すぐにキスを求めるM。

キスをしたままMを立たせて、ブラとお揃いの下着を脱がせた。Mは俺のバスタオルを引きちぎるように外す。崩れるようにその場にひざまずくM。何も言わず俺のモノを口に咥えた。

ぎこちない愛撫にイラだった俺は、時折腰を突き出す。Mは苦しそうにフェラを続けていたがリバースされるのもイヤなので、苦しそうな表情のMを立たせてバスルームに入った。

この時点で、俺はMに対して愛撫らしい愛撫をしていない。それなのに、後ろから見たMの内腿には光るものが確認できた。

俺はもうシャワー済みだったので、Mの体を洗った。ボディーソープを手に取り、首筋、背中、お腹をまさぐる。Mの右手は俺のモノを掴んで離さない。

Mはもう声を出すことをためらわなかった。大きな喘ぎ声に、時折「早く...」と催促の言葉を漏らす。たっぷりじらした後、ヌルヌルの手で形のいい胸を刺激した。

両方の乳首を同時に軽くつまむ。今日一番大きな喘ぎ声がMの口から漏れた。Mの足がガクガクと震える。もしかしてイッた?胸だけで?

「もうダメ...早く...」Mは俺にしがみつくのがやっとだ。俺も疲れるのでベッドに移る事にして、先にバスルームを出た。

明かりを調整していると、バスタオルを巻きつけたMが出てきた。躊躇無くベッドに入ってくると、激しいキスをしてきた。

どうやって攻めようかと考えていると、Mのキスは徐々に下におりてくる。何を隠そう俺は乳首舐めに弱い。思いがけないMの攻撃に喘ぐ俺(w

やがてMは俺のモノを咥えた。やっぱりちょっとぎこちない。余裕が出た俺は、反撃するべくMのお尻を引き寄せた。

目の前のMのマ○コは大洪水だった。シャワーで洗い流した後に溢れたものだろう。キレイなピンク、ちょっと大き目のビラをゆっくりと開く。さらに溢れた汁を指ですくい、ちょっと強めに刺激した。

Mの汁は粘りがあって無味無臭。それをたっぷりと指につけてビラをゆっくりとなぞる。クリや穴には触れないよう、時に軽く時に強く。

咥えていることができなくなったMは、俺のモノを握り締めたまま喘いでいる。Mの腰がじれったそうに動き始めたので、中指を少し穴に入れた。

ビクっと震えるM。ゆっくりと中指を奥まで入れて2,3回ピストン。次に親指でクリの根元を刺激した。途切れ途切れだったMの喘ぎ声は連続したものになり、尻がガクガクと震えた。

イッたようなので、Mが落ち着くまで腕枕で抱きしめていた。Mはフゥと大きくため息をつき「ずるいよ~」と言った。

大きいままの俺のモノを掴むと、「もう」とか言いながら騎乗位でくわえ込んだ。生はイヤだなぁと思いながら下から突くと、「動かないで」とか偉そうにいうM。

仕方なく好きにやらせる事にしたが、俺のリズムではない。体を起こして対面座位にして、自分のペースで下から突き上げた。左手をMの背中に回し、右手は胸に。キスをしながら。

Mは汁の量が多いらしく、グチョグチョといやらしい音が部屋に響く。その音が興奮の度合いを深めるのか、Mの声が徐々に高くなる。

もっとピッチを早めたかったので、正常位に移行。自分のペースでガンガン突きまくる。

Mは喘ぎながら首を左右にふりはじめた。俺も限界。「どこに出したらいい?」と聞いたものの、当然返事は無い。ラストスパートをかけ、Mの声がMAXに近いところで胸に放出した。

この後、朝までにもう1回やりましたが、疲れたのでココまで。その後、Mとは付き合い始めました。今4ヶ月目。エッチの経験はほとんど無かったらしく、俺のせいで目覚めたらしい。ぎこちなかったフェラも今ではプロ並です。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

出会い系は卒業




彼氏が約3年のLA勤務。帰国後結婚する事に。心も身体も寂しいと伝えると「結婚するまでにちょっと遊んでおきなさい」とのお言葉を頂いた。

彼氏も金髪のねーちゃんと遊ぶつもりだなと邪推しつつ、お互い病気と妊娠には細心の注意を払う事を約束して期限付きのセフレを探す事に。

掲示板に書き込んでからメール交換の流れが面倒臭くなったので「セフレ募集」で待機。

5人目くらいに入ってきた歯科医と意気投合。
今日なら休みだし奥さんも出掛けてるから今から会えるよ~と。

私もその日は休日だったので即面接決定。

写メ交換はしなかったけど、本人が言うには和泉元彌似という事で、ありえないブサではないだろうと判断。3時間後に某駅前で待ち合わせ。

お互いにメールで服装を伝え合い探してみると・・・
高身長の和泉元彌キタ―――――――――!!

ホントに似てますね~。本人も意識してるのか髪型も一緒。勝手に「宗家」と命名。

宗家お気に入りのカフェにて軽く食事しながら話をしてみると、穏やかで会話もスマートでいいんだが、所々に恐妻家ぶりが垣間見えてちょい萎え。

でもまあこっちはセフレ希望だからいっか。
カフェを出ると「ちょっとお酒でも」と言う宗家。

つーかそんな無駄な時間は過ごしたくないっす。やろうよ、宗家。

そんな事を思いつつ「早く2人きりになりたいな」なんて可愛い事を言ってみる私。もちろん宗家は大喜びでタクシーに乗り込んでLHにイン。

私が先にシャワーを浴びてベッドに座って待っていると腰にタオルを巻いた宗家が目の前に立ち、タオルを取って「しゃぶれ」と一言。

普段ならそんな事言われた日にゃレバー辺りに一発入れる所だが、やる気満々な上に和泉元彌顔の命令口調に萌え。

恥じらいつつも(←演技)しっかり咥えさせて頂きました。
つーか、私が咥えたら秒殺ですぜ、宗家。

宗家のチンポは大きくなく小さくなく程良いサイズ。私的重視の固さも合格。
案の定ものの数分で「ああっっ・・・出るっ」と宗家発射。

わざとらしく口の端からちょっと垂れ流してみると、宗家は大興奮で「可愛いヤツだな」と私を押し倒しクンニ開始。

待ってました~。 宗家ってばなかなかの舌遣い。
部屋中に響くぺチャぺチャ音がまたいやらしい。

だから濡れ過ぎだよ…私。

しばらくするとお尻に指を入れてくる宗家。「痛くない?」と聞きながら指を軽くズボズボ。

お尻を弄られたの久し振りなので少し痛みがあるものの、その違和感がまた気持ちイイ!!

私の声がだんだん大きくなってくると
「ごめん。もう我慢できないよ」と宗家がゴムを着け始める。

もうちょっと続けて欲しかったんだがチンポで逝かせてもらえりゃいいかと思い私も正常位で受入れ体勢。

私の手首を掴んでベッドに押し付けながら宗家が入って来ると… やっぱりナイスチンポ。

ゆっくりピストンしながら「んっ…んっ…」と声を出す宗家の悶え顔に萌え。
しばらくすると宗家はチンポを抜いて「四つん這いになって」とリクエスト。

言われた通りにすると、後ろから一気に突っ込んで今度はかなり激しくピストン開始。そうしながらまたしてもお尻に指を入れられる。

そんな事をされてる自分に興奮して逝っちゃう私。
すると宗家も「中がビクビクしてるよ~」と2発目を発射。

そういやまだキスもしてなかったな~と思い、その後はディープキスも織り交ぜながらベッドでイチャイチャ。

そんな事をしてるとまた宗家が大きくなってきちゃったんでもう一回やってからLHを出て待ち合わせ駅まで戻り解散。

「これからも会ってくれる?」とメールが来たので「もちろん」とお返事。
これでもう出会い系は卒業かとちょっとウキウキ。

しばらくメール&電話で連絡を取り合っていたが、ある日電話がかかってきたので、出てみると「○○(←宗家)の妻ですが」…オイオイ。

即効電話を切って、即効着拒。はい、そのまま終了です。
恐妻家っぽかったので大変な事になってないか心配してます。

せめてもう一回エッチしておきたかったよ。
はあ…ホントに世の中上手くいかないもんですね。

まだしばらくは出会い系から足を洗えそうにありません。

チャット友達



チャット友達っていうか、年が7違うんだけど俺29才彼女あり。
まぁ恋愛相談とかのってあげたり、冗談っぽくH話になったりする4年ぐらいの仲かな。 親戚が東京にいるので、年2回ぐらい上京して遊びにくる。
まぁ兄妹のような関係。

チャットで会ったころは、向こうは学生で彼氏いたんだが。まだバージン。
それでわかれた後、
「4年間も彼氏いねーー彼氏ほしーーー あーおばさんになってくーっ」
なんて言う。

でぇ今年7月夏休みを利用して遊びにきていて会うことに。
まぁ定番のディズニーシーなんかつれてって。 もちろん、おれも男だから下心がないわけではないけど。紳士的に。

夕飯くったら(外食ね)。よくチャットで話して話題になる、俺の部屋を見たい
(せまいだの、壁薄いだの笑い話) というので、
「うーんどうすっかなぁ・・」 意外に困った。
(だってなんか照れるし・・・)

「見せてよぉ~ 」っていうので
「男の部屋に女がきたら、やること一つになるでぇ」って言い返したら。

「わたしが処女ってしってるやん。 襲わないくせに(なんならいつでも押し倒してくれ!」 って言い返された。

まぁそこまでいうなら、と部屋に招待した。(部屋は、まぁまぁ綺麗にしてたし)
「うわ男の人の部屋に入ったの初めてー うわー部屋きたねーーー( 」
(男の部屋綺麗と女の部屋綺麗の感覚違うからな)

「じゃーさっそく電気消してやろっか」と冗談っぽく
「なにを~ 」笑いながら、普通のおしゃべりに発展。
TV見たりしながら。仕事の話ししたり。またHな話ししたり。

「うわー俺頭が勃起してきたよーー変なこというから」
「はぁ?変態オヤジめー」
「普通だって まだまだ若いのだ! えっへん」
「下も勃起してんじゃないの?」
「うーん どうだろな、それはいえない」
「見せろーー 見たことないんだから!」
「やめろっちゅーーの」
「どうしても見たいか?」
「見たい!」
「・・・・・かよわいお嬢様が 見たいっていうなーー!」

「げっ 確かに・・ しかしどうなってんかみたいー」
「うーん (恥ずかしいのはあるが なんか気持ち的に下心のほうが大きくなって見せたくなってきた)」
「たっち! あっなんか大きい感じ(w」
「しょうがない 出血大サービス!」 っていいながらズボンから出した。

「うわたってるー おもしろーい。」
「素晴らしいだろー はっはっはー」
「ちょっと握ってみようー」
「おいおい、やめろよー」といいながらもニヤニヤしている。
「へえー、こんなに硬いんだー」
「おいおい、あまりいじるなよ、したくなっちゃうじゃねーか」
「私とする?」
「なーに言ってんだよ、しねーよ」と心にもない事を言ってしまいました。

「本当はしたいんじゃないの?」
俺は迷いました。これは押し倒してもいいっていう事なのか?
俺は、本能のまま行動する事にしました。
「なぁ、ちょっと口でしてみないか?」
「なーに言ってんのよ」と彼女は拒否しましたが、俺は彼女の顔の前へチ○ポを持っていきました。

すると、彼女は嫌がりながらも、俺のチ○ポを咥えだしました。
「あぁ」思わず声を出してしまう俺。
たまらなくなった俺は、彼女の胸を服の上からさわりました。
服の上からだけでは我慢出来ずに、俺は服の中に手を入れ、生のおっぱいにさわりました。 すると、彼女の乳首が立っている・・・。

おれは、そのまま服を脱がし、乳首にしゃぶりつきました。
「あぁーん」と彼女。
初めて見る彼女の乳首、処女だけあって綺麗なピンク色をしていました。

俺は彼女の乳首から顔を離し下半身へ移動。 パンティはもうぐしょぐしょです。
俺はパンティを脱がせ、彼女のマ○コと対面しました。
処女だけあって鮮やかなピンク色をしていました。
俺はそのマ○コに舌を這わせながら、マ○コの入り口に舌を入れました。

「あぁーん」と彼女が腰を動かしました。
彼女にとっては初めてのクンニ、よほど気持ちよかったのでしょう。
俺は彼女の喘ぎ声に喜びを感じ得意げにマ○コを攻め続けました。

マ ○コを攻め続けると、次から次へと愛液があふれでてきた。
俺は愛液にまみれながらマ○コを舐め続けた。
すると彼女は、「なんかおしおしたくなってきたー」と言い出した。
「もう、やめてー、おしおもれそー」

そんな彼女の言葉を聞いてやめるわけがない。俺は構わず舐め続けた。
「あぁー、出るー」そういって彼女のマ○コから、液体が噴き出した。
「あぁー、おしおー」そういった彼女は恥ずかしさのあまり顔を真っ赤にしていた。

彼女にとっては何もかも初めての経験。しかも俺の前でおしおまでもらしてしまったと思った彼女は、なかば呆然としていた。
俺はマ○コの中に指を2本入れ、更に攻め続けた。

「あぁーん、はぁー」と喘ぐ彼女。
「あぁー、またおしおしたくなってきたー」
俺もたまらなくなってきたので、チ○ポで彼女のマ○コの入り口付近をこすり始めた。すると、処女のはずの彼女が
「じらさないでー、早く入れてー」と言いだした。
こいつ、やっぱり処女じゃないなーと思いながらも、俺はマ○コにチ○ポを挿入した。
「ヌルヌルヌルー、グチュー」
チ○ポはスムーズにマ○コに入っていった。
最後は、激しくピストンしてフィニッシュ。 気持ち良すぎ。

出会い系サイト体験談




俺も本当に限界になり、彼女の服を剥ぎ、ブラを外す。

ブラを外したときに現れたのは40代とは思えないほどの美乳!!

俺は胸に触れゆっくりと揉みだす。

「ん…」

この声がまた色っぽい!!

すでに理性の限界に近かった俺は彼女のクリを触る。

強くこすったり、触るか触らないかでこすったり。

「あっあっあん…」

と彼女の声も大きくなる。

彼女も結構興奮していたようで、あそこはすでにぬるぬるびちゃびちゃ。

そっからは下から一気に挿入。

「あぁぁぁあっ当たってる」

と自分の上で悶える妖艶な彼女。エロイ。

もう出そうだと言うと、大丈夫だから中にだして…と。

アリガトゴザマース!!!

遠慮なく女教師の中に発射

まじぱないっす!!

女教師も一緒に逝ったらしく、可愛らしく俺の上で「んっ…」
と言っていた。

その姿が、かろうじて服が引っかかっている感じで、脱げきれていないのがまたエロイ!!

そこからは彼女を俺から降ろしてバックから!!

こっからはもうバックしかしていない気がする。

前からも良かったけど、後ろからだと学校で女教師とヤッてるみたいで俺は大興奮だった

出会い系サイト体験談




大学の時、出会い系でバツイチ独身の40代半ばの女教師と出会いました。

顔は真矢ミキに似ていて、顔つきはきりりととした感じ。

その日の格好は俺が頼んで普段の仕事服に。

その日彼女はパンティーライン丸出しのピチピチのタイトスカートを穿いていて、

ちょとエロいなあという感じで、何より小さくもなく大きすぎる事のないその美乳に俺は釘付けv。

車の中に乗り、最初は緊張で息の詰まる思いでしたが、時間が過ぎる事に色々な話もする様になり、

音楽の趣味も同じ(ハードロック好き)だったので、段々とリラックスして話をする様になりました。

するとそのうち女教師はスケベは話もするようになり、こっちはちょっと困ってました。

俺の息子が暴れだしそうだったから!!

「若いんだから、オナニーするんでしょ?」「エッチな本見ながらしてるの?」とかそんな内容だったかな。あんま覚えてない。

「いつもそんな格好をしているの?」

改めて彼女の格好を見てもエロイ。

男子学生には強すぎるんで無いか?

「そうね。いつもこんな感じだけど。。。おかしい?」

全く!!!逆に俺はあなたの学校の学生になりたいです!!

しばらくして女教師は、いきなりチンポを触り始めました。

「貴方に見られていて興奮しちゃった。」思わずおおうと声が出ちゃいましたよ。

すると女教師は、スカートを捲ってパンティーを見せ、僕の手をオッパイに持って行き揉むように強要。

俺の息子はもうぱんぱん、その後女教師に手コキされました。

さすがに俺はさっきの興奮もありすでに逝きそう。

「逝きそう」

と伝えたら、女教師は俺のを加えだしたんですよ!

言っておきますが、ここは駐車場です。

さすがにこれはヤバイと思ったんで、場所移動。

ホテルにイーーーン!!

それからは再び女教師にパンティーを見せながら手コキされ俺の息子は限界。

しかし、彼女は逝かせてくれず、スカートの中からパンティーだけを脱ぎ俺の上に乗って素股。

「アナタ若いんだからまだ硬くなるでしょ?」と言われました。

無理です。すでに限界マックス!!

俺も本当に限界になり、彼女の服を剥ぎ、ブラを外す。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。